ウィンドアンサンブル・ラミューズは、平成8年に結成された札幌市豊平区を中心に活動している一般バンドです。
バンドの名前である「ラミューズ」とは「アミューズ(楽しませる)」という英語をフランス語風にアレンジした造語で、その名前の通り「音楽で人を楽しませること」をモットーとしています。 
私達自身が楽器を吹くことを楽しむのはもちろん、演奏活動を通じて一人でも多くの方に音楽の楽しさが伝えられるバンドを目指しています。
演奏活動しては、毎年開催している豊平区民センターとの共催事業で行う「ラミューズミニコンサート」、1月「札幌市民吹奏楽祭」と5月「ライラック祭り」などの吹奏楽連盟主催行事への参加や福祉施設等への訪問演奏を行っています。なので、いろんなジャンルの曲を演奏しています。

ラミューズは20代から60代までの幅広い世代で個性的な団員がたくさんいます。

ひたすら楽器を吹いている人、おしゃべりが好きな人、お酒が好きな人、鉄道好きな人…
そんな個性的な団員に共通している事は「仲間と一緒に演奏することが大好き!」という事です。 
ぜひ、ラミューズで一緒に音楽をやりませんか♪